バリキャリ女子もどきのゆるゆる日誌(育休中)

総合職女子という人種が日々の生活で思うことをゆるゆると綴ります。

26歳になった

いよいよ本格的なアラサ―に突入である。

 

昔から誕生日は盛大に祝ってほしい方だった。

小学校のころはお誕生日会を毎年開いていたし、大学時代はFacebookにおめでとうメッセージを沢山書き込んで欲しいタイプだった。

だが、ここ最近は年々祝ってほしい欲が薄れている。

というより、特定の大切な誰かに祝ってもらえればそれでいい、といったところか。

 

日付が変わった瞬間に夫がお誕生日おめでとうと直接言ってくれたこと。

朝5:30に母がLINEでおめでとうと言ってくれたこと。(早いわ)

そのあと、義母と弟からおめでとうとメッセージが来たこと。

親友からおめでとう、4月に会いに行くね、と連絡があったこと。

 

もうこれだけで十分だと感じたのが、26歳の誕生日だった。

来年の27歳の誕生日には生後9か月になる娘がいる予定だ。

大人になったんだなあ。