バリキャリ女子もどきのゆるゆる日誌(育休中)

総合職女子という人種が日々の生活で思うことをゆるゆると綴ります。

絶対売れ残りそうと言われていた私が入社3年目で結婚できた理由③

今晩は、おひつじです。

ようやく春らしい陽気になってきましたねえ。

暖かくなると俄然働く気になります。(冬の外回り営業はつらいんです。)

 

さて、結婚できたシリーズも後半戦です。

 

①↓

http://ohitsuji.hatenablog.com/entry/2016/02/28/001844

②↓

http://ohitsuji.hatenablog.com/entry/2016/02/29/233445

 

ここまでをざっくりまとめると、男見る目があると思ってたけど実はなかったって言うことと、今の夫と付き合う前までは散々な目にあっていたということですね、はい。ただし、これでは終わらない、トドメがあるんですね。

 

③合コンで出会った自称年収1本越えのMRのセフレに気づいたらなっていた

 

低スペックヤリ◯ン男から学んだこと。それは、「付き合おうと言われる前にホテルには行かない」ことでした。(レベル感が低いっっっ)

 

社会人1年目も半ばに差し掛かった頃、その当時地方担当をしていたこともあり平日はホテル暮らしが続き、体調を崩し始めました。そこで本能が告げるのです、早く結婚した方がいい、と。結婚なんてしなくても総合職でバリバリやれば生きていけるっしょと自信満々に語っていた就活生の頃の勢いなど消え失せ、早く彼氏が欲しい、結婚したい、の日々が続きました。

そんなとき、大学時代の友人からタワーマンションでパーティーがあるから来ないかと誘われたのです。いい人に出会えるかも!とホイホイ着いて行きました。すると、いました、年収1本越えのMR×2。2人とも大手製薬会社のMRでした。パーティーが終わったあとに友人とMR×2の4人で飲み直し、その後お決まりのように2人ずつに別れました。

ただし、私にはこれまでの男見る目がない経験による教訓がありました。

「付き合おうと言われる前にホテルには行かない」

今日こそこの教訓を活かすべし!と意気込んでいました。

 

だが、しかし!

なんと!

そこで!

 

「おひつじちゃんのことすごく気に入ったから付き合ってほしいんだけど…」

 

キターーーー!年収1本越えのMRとのゴールイン!人生逆転勝ち!!

 

これまでの苦労はこの日のためにあったんだ…神様がようやく私に味方をしてくれたんだ…もう歓喜の嵐でした。

そこから付き合い始めたわけなのですが、まずはじめに、「俺、連絡不精だからごめんね」と前置きがありました。ええ、ええ、お仕事忙しいでしょうから連絡なんて1日に1回取れればいいですよ、はい。

今考えると、もうすでにこの時点でフラグが立ってましたね。

 

?続く