おひつじったー開設したよ

 

twitterもねブログに連動してね、おひつじ垢作ったの!フォロワーいないの本当に寂しいから誰かフォローしてください。(切実)

今後はこひつじ(赤子ちゃん)の観察アカウントとして使う予定。

母親だから、母親だけど

暇なので私の住処twitterから色んな記事を読み漁ってるのですが、最近一番心に残ったのはこれ↓

スズメになりたかったあーちんと、子育ての「わからない」について|桜林 直子(サクちゃん)|note

この方の思考がわりと好きでtwitterもフォローしてるし、noteも更新される度に読んでるんですけど。この記事の考え方は特に真似したいなと思いました。

 特に文中のこの部分。

子育てといっても、相手の年齢がだいぶ下で血縁関係があるというだけで、自分とはちがうひとのことはわからない。わからないからといって否定もできない。わからないまま楽しみに見守ることしかできない。

自分のお腹に命を授かって、色んな子育てに関する記事を読んだり、人から話を聞いたりする中で感じたのは、世の中には「母親だからこうでなければならない」という思い込みや、「母親なのに〜してあげないの?」という批判が必要以上に多い気がするということ。そしてその奥に感じるのは、女は母親になったら「〇〇ちゃんのママ」としての役割だけで生きていくのが当然でしょ、というハイパー昭和的な考え方。

 

それらを見聞きする度に私は「でも、母親だけど子どもとは別人格の人間だもの…」と思ってしまうのです。

 

もちろん、子どもが幼いうちは「〇〇ちゃんのママ」としての役割を第一優先にしなければならない場面もたくさんあると思います。夫におっぱいは出せないし、子どもは本能的に母親の愛情を求める生き物でしょうし。

ただ、子どもがある程度自立した段階においても「〇〇ちゃんのママ」としての役割だけで生きていかなければならないという呪いにかけられ、自分のやりたいことを我慢し「子育てのせいで(子どもがいるから)私は〜できなかった(できない)」と愚痴のように言ってるママたち。また、自分がやりたいことをしない代わりに、不必要に子どもに期待をかけ、「子どものやりたいこと」ではなく「自分がやらせたいこと」を子どもにさせるママたち。要は「子どもの人生に自分の人生を依存するママ」。結構いますよね?彼女たちは一見「子どものためを思って」「子どものために」自分の人生捧げる良いお母さんを演じているように見えますが、それってすごく身勝手なんじゃないかなって思います。

そもそも「子育てのせいで〜できなかった」が事実であったとしても、子どもを産むって決めたのあなたでしょ。子どもからすれば、産んでくださいなんて一言もお願いしてないし、あなたの勝手で産んだのに私のせいにされても…という感じでしょう。そう考えると子どもを産むということ自体が親のエゴなんですよね。だからこそ、自分たちのエゴで産まれてきてくれた子どもには「親のやらせたいこと、親が望む道」ではなく、たとえ私たち親が理解できないことでも「自分のやりたいこと、自分が望む道」に進んでもらい「産まれてきてよかった!」と思ってほしいのです。

そしてそのためには、 まず自分自身が「〇〇ちゃんのママ」だけで生きるのではなく、会社員としての自分、趣味を楽しむ自分など、いろんな自分を持ち、自分自身の人生を楽しむことが必要なのではと思います。だって母親と子どもは別人格の人間だから。その人生を重ねることはできません。

 

 

 まあ、子育て始まったらこんな甘っちょろいこと言ってられなくなるのかもしれないんですけどね(°▽°)笑

それでも、私は母親になっても自分の稼いだお金で自分の好きなものを買いたいし、2年に1回くらいは女友達と旅行に行きたい。その気持ちは大切にしていきたいと思います。

 

 

3月のライオンと四月は君の嘘は似ている

私、漫画好きなんですよ。暇だから漫画のことでも書こうかなって。(ちなみに、保育園リサーチと入院準備は進んでいないし、部屋はぐちゃぐちゃである)

 

今日は私の好きな漫画トップ2と言っても過言ではない「3月のライオン」と「四月は君の嘘」について語りたいと思う。ちなみに、過言ではないという表現にしたのは、「ちはやふる」と「銀の匙」も好きなのでこの二作品がトップ2とは安易に言えないのだ。

以下が本日語りたいこと2点である。

 

  1. それぞれのあらすじ、登場人物
  2. 作品の共通点と魅力

 

では、まずネタバレしない程度にそれぞれのあらすじと登場人物(私の推しキャラ)について語っていこう。

 

それぞれのあらすじ、登場人物

主人公「桐山零」は史上5人目の中学生でプロ入りを果たした「棋士」。両親、妹を幼い頃に事故で亡くし、父の将棋仲間である「幸田」に引き取られ、将棋の家の子として育つが幸田の娘息子(特に義姉にあたる「香子」)と折り合いが合わずプロ入りを機に1人暮らしを始める。この時点でご想像の通り零はひたすら暗い感じになっているが、近所の川本家の三姉妹「あかり、ひなた、もも」や高校の担任「林田」、部活の先輩「野口」らとのありふれた日常やプロ棋士仲間の「二階堂、島田」らと共に上を目指す中で、自分の気持ちの居場所を見つけたり、アイデンティティを確立していく物語。

ちなみに、私の推しキャラはプロ棋士仲間の島田八段である。温厚で努力家、面倒見の良い誰からも好かれる性格とストレスによる胃痛と禿げ持ちというキャラが漫画といえどリアルな人間味を感じてなんとも言えない良さがある、。現在公開中の映画では、佐々木蔵之介氏が島田八段役を演じておりナイス配役になっていることも付け加えておこう。

 

幼少期から天才と言われてきたピアニスト「有馬公生」。師匠でもあった母の死を境にピアニストの道から一時離脱する。こやつもこの時点で相当暗い感じになる。同じ中学に通うバイオリニスト「宮園かをり」との出会いをきっかけにもう一度ピアニストの道を歩み始める。幼馴染の「渡、椿」との日常やライバルの「相座武士、井川絵見」との高め合い、そして重い病気を患う宮園かをりと向き合う中で、自分の気持ちの折り合いや進むべき道を見つけていく物語である。

私の推しキャラは、↑には出さなかったが相座武士の妹「相座凪」。初めは有馬を兄の敵として潰しに現れるのだが、有馬の魅力に惹かれて最後には有馬センセーと慕うようになるのがなんともかわゆい。

 

作品の共通点と魅力

2つのあらすじを見て頂ければ、大方の共通点はお分かりいただけるだろうが、いかに記してみたい。

 

  1. 物語が始まる時点で主人公の2人の少年は天才と言われるもトラウマを抱え、相当な暗い感じに仕上がっている
  2. ちなみに2人ともメガネで長めの黒髪
  3. どちらも映画は神木隆之介氏が演じていることもついでに付け加えておこう
  4. 青春漫画にありがちな「仲間とスポーツやって一緒に成長!」ではなく、「自分とコト(零の場合は将棋、公生はピアノ)に向き合うこと」が物語の主となる
  5. 「自分とコトに向き合う」過程で周りの人々から考え方のヒントやそれを動かす勇気をもらい、価値観を広げていく

 

以上、軽く5点あげたが、ここで特に述べたいのは4と5である。この2点がこの二作品の魅力といっても過言ではない。4でも述べたが、少年漫画の王道、「仲間と一緒に成長!!!」(ワンピースやその他スポーツ漫画は特にそうですよね)ではなく、中高生ながらにして2人とも「自分」の中に深く深く潜っていく。ただ、自分だけと対話していてもこの2人は暗い感じに仕上がっちゃってるので闇に潜ることしかできないわけですが、周りの人がその闇を照らす光となり導かれながら自分の気持ちの居場所を見つけていく。その光が差すシーンが二作品とも何度かあり、物語の中でも最大の見どころかつ魅力的なシーンだといえるでしょう。

 

ということで、タイトルの3月のライオン四月は君の嘘は似ている、になるわけです。読んだことない人は是非、読んでほしいです。私は暇すぎて産休入ってから2作品とも3周しましたから。ええ。暇です。

 

あなたは想像したことがあるだろうか?

自分とは全く違う意思を持った生物が、あろうことか自分の腹の中に存在し、なおかつそいつが予測不能な動きを腹の中で今、まさにこの瞬間に行なっている有様を…

 

こう考えると妊娠ってマジで体の異常事態。中から結構な力で蹴られてるんですよ。先週くらいから右の肋骨いかれてて、相当痛いです。ついでにもうお腹パンパンで人間の皮膚ってこんなに伸びるのかよ…と毎日自分の腹を眺めてます。なおかつ、あと2ヶ月後にこやつは私の股を切り裂いて10センチ以上の頭をグリグリ旋回しながら出てくるんだと考えると結構な恐ろしさ。

 

というのを込み込みでもお腹の子が可愛いと思うのも、生命の神秘なんでしょうね。

 

何が言いたいかって暇すぎるってことです。

 

社会人5年目になりましたが、暇すぎる

なんでかって今日から産休なんですよ。正確に言うと産前休暇の前に2週間くっつけた有給消化中です。

 

暇です。

 

赤子の肌着の水通しや保育園リサーチなどやることはあるんですけど、3.4日で終わりそうなんですよね。世の子なし専業主婦の方って何やって時間潰してるのか街中でリサーチしたいくらいに暇なんですよ。暇すぎて、お弁当作って夫の会社まで届けちゃったけど、午前中しか潰れないんですよ。暇すぎて帰ってきてヒルナンデス見てますが、白金台に住む夫婦の馴れ初めとかしか放送してなくてすごくつまんないんですよ。ナニガオモロインダコレ…

 

予定通りだと、生まれるまであと2ヶ月あるんですよね。2ヶ月この状態だと鬱になると思うんですよね。いや、マジで。今誰よりも定年退職後のリーマンの気持ちがわかる自信がありますから。

 

2ヶ月妊婦が有意義に過ごせる方法、絶賛募集!

子どもを持つにあたって

https://cakes.mu/posts/15552

 

この記事が最近読んだ妊婦記事の中でも1番共感できた。

下田さんが文中で使っている「暇つぶし」という表現は自分の中でぴったりは来ないが、特に後半部分の親のエゴによって産まれてきてもらうという考え方や、だからこそどんな状況に置かれても最高の環境を子に提供できるように準備を進めた上で妊娠したという手順についてはとても共感する。

 

過去記事にも書いたことがあるが、私の父は急性心筋梗塞で7年前に亡くなっている。ある日突然に。なので、自分の中に「夫もいつか突然死ぬ日が来るのでは」という気持ちが常にある。(まあ逆に私が突然死ぬこともあるんだろうけど)

この感覚は1親等の身内が亡くなった経験を持つ人間でないと分からないのか、夫には理解してもらえないが(夫は俺は簡単には死なないと根拠なき自信を常に持っている)、人は案外簡単に、そして突然に死ぬ。

 

夫婦だけの生活ならば、仮に夫が死んでも自分の生計を立てるためになんとかかんとか暮らせばいいし、精神が病んでる間は今までの貯金で暮らせばいい。でも、子どもがいるとそういうわけにはいかないのである。

案外これを理解した上で妊娠、出産している人が少ないからこそ、シングルマザーだから貧困という問題が出てきたり、離婚したいけど子どもがいるから離婚できないなんて問題が起きるのではないか。

 

改めて一般リーマン家庭の妻が専業主婦になるリスクを認識した記事だった。

 

 

 

 

メンヘラメーター

私の夫は大学時代にガチメンヘラと同棲していたという何ともワクワクする過去を持っている。

先日、夫の友達と3人で夕食を共にした際に彼女が出来たというのだがどうもメンヘラじゃないかという話が出たので夫がメンヘラ要注意サインをいくつか指南していた。

覚書としてここに記しておく。

 

  1. 合鍵をねだる
  2. お揃いのものを持ちたがる
  3. 普段身に付けるアクセサリー類をねだる
  4. お迎えをねだる
  5. お迎えもやばいがお見送りをねだるようになるともはや本物

 

もう少しあった気がするが、付き合っていくうちに上記のことを要求してくるとメンヘラである可能性が高いらしい。

1-5に共通することは、相手の「自由」を奪う行為であること。とくに依存度合いが高まってくると「自由な時間」を奪い始めるので、何かのついでにできる「お迎え」だけでなく、コストでしかない「お見送り」を要求してくるようになるらしい。

そして、相手がそれに応じないとリスカをして相手を従わせるという手法を持ち合わせているというので、メンヘラとは非常にタチが悪い人種である。ちなみに、我が夫は大学の授業に行くだけで緊急連絡が入り、一時期ほぼ軟禁状態だったらしい。最終的には夫が留学に行くので別れるという形で終止符を打ったようだが、なかなか濃い大学時代を送っていたようだ。

 

夫は当時のことをこう語る。

必死すぎて記憶があまり残っていない、と。嫌な記憶すぎてどうやら無意識的に抹消してるらしい。ただ、そんな大変だった夫には悪いが、私はこのメンヘラ元カノには非常に感謝している。メンヘラと付き合ったことで鍛えられた夫の察する能力と女性ホルモンのせいで私のコンディションが悪い時の対応が神ってるからである。

私の調子が悪い時は絶対的に味方を演じてくれ、いきなり泣き出しても理由を問いただすことなくひたすら優しく側にいてくれる。(これだけ聞くと私も大概のメンヘラっぽいけど、痛いの嫌なんでリスカは絶対しません)

これもメンヘラと過ごした日々の賜物だと考えるとメンヘラ元カノに感謝せずにはいられないのだ。

 

何が伝えたかったって、結婚するならメンヘラと交際歴のある人をオススメします、ということです。

 

かしこ🐑